実の季節

9月も末、なみへい本来の「遊山」にもどって志賀高原に遊んだ。シ-ズンの喧騒を離れて高原は静かな佇まいを取り戻していた。紅葉にはまだ早く、花はオヤマリンドウ、ヤマハハコ、アキノキリンソウが目立つ程度だったが、よく見れば草花や木々は思い思いの実をつけて迫る冬に備えていた。実と茎葉から植物を同定するのは難しい。でも実から花の姿を想像するのは楽しいことだった。間違いもあろうかと思う。ご指摘願えれば幸いである。

イワショウブ
湿原に可愛い赤い花が咲いていると思った。でも拡大してみると赤い実だった。花序の形からユリ科のイワショウブに辿りついた。花の実物は見たことがないが、図鑑で見ると花は想像に近い白い可憐な花だった。葉がショウブに似るのが名の由来らしい。
c0068924_9281296.jpg

c0068924_9495265.jpg

タケシマラン
りんごの紅玉のような瑞々しい濃赤の実が一個ずつ葉の付け根から真直ぐにぶら下がっている。上から見るだけでは葉の蔭に隠れて見落しがちになる。ランとは言うがこれもユリ科である。花自体はそんなに目立つ花ではない。
c0068924_9511025.jpg

シラタマノキ
これも白い花かと思った。しらたまは花弁ではなくガクだった。白い実はこの中に隠されている。地を這うような小さな木だった。
c0068924_106518.jpg

ゴゼンタチバナ
葉の形からぴんと来た。6枚の葉の中心に咲く1個の気品ある白い花は花弁でなくガクの変形だった。だから一つと思っていた花からいくつもの実がつく。ゴゼンタチバナは小さいけどミズキ科の木だった。
c0068924_10292724.jpg

c0068924_10295095.jpg

ツルリンドウ
特徴ある紫がかった赤色と楕円形の大きな実、葉の形。これはツルリンドウに違いない。花はこの7月に栗駒で見たばかりである。
c0068924_10302024.jpg

ヒロハツリバナ
普通のツリバナとは違って果実を包む殻が反転して四角く張り出している。赤い実がぶら下がるはずだが、もう落ちてしまったらしい。
c0068924_1049404.jpg

ナナカマド
秋の山の代名詞のようなこの木、紅葉には早かったがいたる所で赤い実をつけていた。不思議と標高の高いところほど赤が輝くように美しい。大沼湖畔に今まで見たこともない大木が立っていた。
c0068924_1123567.jpg

ガマズミ
秋の色と言ってよい鮮やかさだった。
c0068924_1440332.jpg

[PR]
by namiheiki | 2005-10-02 11:06 |
<< 旅立ち ー微細なものを撮るー 微細なものを撮る >>