寒さを撮る

今年はことのほか寒さが早くやって来た。冬は花も少ないし色も少ない、寒いしどうしても外に出るのが億劫になる。こんな時思い切って寒さに挑戦してみたらどうだろう。寒さは肌で感じるものだがそれを視覚で表現してみるのも楽しい。

今年も12月上旬奥日光を訪ねた。湯の湖の周辺はもう雪が30センチほど積もっていた。此処の静かな湯の湖の佇まいが好きだ。夜明け前の湖畔には人影は無かった。岸辺の水は凍り始めその上に積もったさらさらの雪の結晶の一粒一粒が美しかった。
この雪をシャープに描写したい、しかし湖の全景も入れたい。こんな時は出来るだけ広角のレンズを使い全面にピントを結ぶように心がける。広角だと景色を広く写し込めるだけでなく被写界深度も深くなる。ここでは1メートルほど先の雪面にピントを合わせた。遠景の湖面の靄までシャープに描写することが出来た。
c0068924_11355328.jpg

幻想的な湖面の靄を強調したかった。望遠で遠くの靄を引き寄せた。手前に3羽のマガモを入れることで物語のある絵になった。
c0068924_11362091.jpg

秋霜烈日というが、寒さの表現は雪より霜だと思う。雪はまだ温かさがあるが霜は苛酷で容赦が無い。北風の吹き抜ける芝川沿いの開けた川原は朝真っ白に霜が降りる。もっとも霧と同じで風のある日よりも無風の日の方が霜は多い。また冬は空気が乾燥するが湿度の高い方が霜の量は多くなる。ここでは木柵の切り口に降りた霜に焦点を合わせた。でも遠景の空まで入れたことで画面に奥行きが出た。霜の白さを描写するには逆光が良い。順光ではフラットなベタ白になってしまい質感のディテール描写が出来ない。
c0068924_113734.jpg

土手道の枯れ草に降りた霜を狙った。バックの情景を描写するには当然カメラの位置は低く地面すれすれになる。回転式のモニターを備えるデジカメはこの手のローアングルに都合が良い。都合の良いことは他にもある。カメラを持つ手が地面に触れるのでカメラが安定する。この姿勢で点景になる人が現れるのを待った。人物は蹲って下を見ている私を見て、まさか自分が撮られていると思わないから自然な姿を捉えることが出来た。
c0068924_1137316.jpg

コセンダングサの痩果は秋から冬にかけての風物詩である。鋭い棘を持つこの実は荒野にあって非情である。この痩果にはりつく霜は殊更厳しさを感じさせる。遠景に朝の日が当たり痩果が浮かび上がったところを狙った。遠景の日向がないと絵が平板になるし、痩果に日が当たってしまうとこれも寒さが失せてしまう。
c0068924_11381824.jpg

雲もまた冬の表現に欠かせない。この場合取り合わせる前景がポイントになる。次の例では枯れたオオバコの穂と葉を落したメタセコイアのシルエットである。大きさはまったく違うが冬姿としては共通である。寒々とした冬空が表現出来ているだろうか。太陽や雲はあまり赤くない方が寒さを感じる。赤は暖色だからである。
三つ目の例は雪雲をじかに狙っている。右から左上に流れる黒雲と高圧線が共鳴してシナジー効果を上げている。強い風でけむって見える白い雲のハイライトが寒さを感じさせる。
c0068924_11385092.jpg

c0068924_11392040.jpg

c0068924_11394222.jpg

秋から冬へかけての川霧も寒さの表現の一つになる。この場合も逆光が雰囲気の描写に役立つ。2枚目の写真は未完成の作例だが人や犬の白い息が冷たい空気の描写になっているところを見て頂きたくてあえて挙げてみた。こういうチャンスは田舎ではなかなか無いが人の多い都会では良く出会う光景であろう。
c0068924_1141594.jpg

c0068924_1140395.jpg

最後の一枚はほっとさせる写真である。雪の後のぬかるんだ土手道、底冷えのする冷たい空気を感じる。でもどことなく春の気配も感じさせる。水溜りに写る人影がこのシーンの主役である。どうと言うこともないありのままの写真だが、こんな素朴な光景がたまらなく好きだ。
c0068924_11422738.jpg

長くなるので後は次回に譲ることにしよう。次回は同じ冬でも春を感じさせるシーンを主題にしたい。今年は思いの他寒さが厳しい。まだまだ寒さを撮るチャンスは続く。
[PR]
by namiheiki | 2005-12-28 11:46 | デジカメ談義
<< 雪を撮る 日光に遊ぶ >>