カテゴリ:イベント( 2 )

吉野梅郷ハイク

風は冷たいが良い天気の3月13日始めて吉野梅郷を訪れた。吉野と言うからなんとなく関西を想像していた。青梅だと聞いて急に思い立った。立川から青梅線に乗り、さらに青梅で乗り継ぐ。火曜日だというのに電車は満員だったが大部分の人は梅林のある日向和田で降りてしまった。二駅先の二俣尾で電車を降りたのはたった三組だった。

深い渓谷の多摩川にかかる奥多摩橋を渡り愛宕神社の階段の下からから山道を辿り即清寺裏山の園地に出た。これを下ると即清寺でこの寺の庭にはバッコヤナギが薄黄色の花序を沢山つけていた。コブシの花芽はまだ固かったがこれが咲いたら寺の瓦屋根や遠くの山なみをバックにさぞ美しいことだろう。

いくつかの小さな梅林を通り、やがて人でごったがえすお目当ての梅の公園に出た。なるほど大きなスケールだ。山全体が紅白の梅で覆いつくされている。吉野山で見た桜の景観を思い出した。それで吉野の名がついたのだろうか。入園料200円、2時間ほどかけて園内を一周した。

枝垂れ梅を除いてほぼ満開と言って良かった。梅の他には黄色いサンシュユが数本、また散策路筋にはピンクや白のゲンカイツツジが咲いていた。

此処の特徴は平地にある梅園と違って起伏に富んでいるから俯瞰、側面など色んな撮影角度が取れる。また山の陰で日向と日陰が出来るのでコントラストの効いた画面を作ることが出来る。さらに周りの杉林や遠くの奥多摩の山なみも良いバックになる。何処を見ても美しい景色だがどうエッセンスを切り取るかが勝負だろう。人波を避けるのも大変だ。何度も記念写真のシャッター押しを頼まれた。しかしそれも楽しみの一つだ。

土産の梅干を買って日向和田駅への帰り道、洒落た食事処の白壁に枝振りの良い紅梅の木影がくっきり映っていた。しめしめこれは絵になると看板を避けてすかさず一枚失敬する。

帰りはラッキーにも立川駅で八王子発の「むさしの号」にばったり、この電車はがらがらで途中二駅に停まるだけで大宮駅まで45分で直行するのだった。

天沢院の裏山から見た「梅の公園」の全景
c0068924_1115050.jpg

園内最高地からの山なみ
c0068924_1141499.jpg

園内での梅のショット
c0068924_1154383.jpg

c0068924_1165042.jpg

c0068924_1172812.jpg

c0068924_1175796.jpg

c0068924_1182762.jpg

c0068924_1185937.jpg

c0068924_15194586.jpg

c0068924_1195769.jpg

樹下のゲンカイツツジも美しい
c0068924_11104810.jpg

食事処の白壁に投じられた紅梅の影
c0068924_1113419.jpg

D70 AF-S VR Nikkor 18-200mm
[PR]
by namiheiki | 2007-03-16 11:21 | イベント

見沼通船堀復元デモ

c0068924_1974936.jpg

今日はさいたま市の主催で復元された見沼通船堀のデモがあった。東縁の一の関と二の関の間に昔ながらの方法で水を貯め、実物の二分の一の船を浮かべた。一の関の閘門で二人のとび職が巾が20センチの板を一枚づつ積んで水を堰き止める。40-50分かかって約10枚の板を積み2メートル程の水位差が出来た。(写真で閘門の向うは芝川寄りになる。水位の差がご覧いただけるだろうか?)
面白いことに板は水に浮かべたものを長い鳶口(鈎のついた棒)で手繰って閘門の枠に誘導すると水圧で板は自然に固定されるのだった。逆に板をはずす時は鳶口で板にあけた取っ手にひっかけて吊り上げるというシンプルなものだった。運河の仕組みについては「語ろ具」に書いたものを参照されたい。
http://golog.nifty.com/archives/000207.html

夏休み最後の日曜日とあって大変な人出だった。人垣で写真どころかろくにに見ることも出来ず、説明も落ち着いて聞いていられなかった。だから記述は正確でないかもしれない。あらかじめお許し願いたい。でも300年近くも前の井沢弥忽兵衛為永の技術を目にして昔を偲んだ有意義な日だった。同じ機構のパナマ運河をもつ国のパナマ大使とそのご家族が臨席して見学していた。今はあまり見かけぬ白いパナマ帽をかぶっていたのが興味深かった。
[PR]
by namiheiki | 2005-08-28 19:15 | イベント