<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初めてスズメガを撮った

何時の頃からかスズメガに関心を持つようになった。ジェット戦闘機のようなずんぐりしたその姿態は小さな鳥のようでもあるし、大きな昆虫のようでもある。これが蛾だと聞いた時は信じられない気がした。目にするのは必ず派手な大きい花の周りである。小さな翅を高速で動かしホバリングで空中に停止しながら体長ほどもある長い口吻を伸ばして花の蜜を吸う。動きは早く花から花へと気短かに飛び移る。スズメガが何処かにとまっているのを私は見たことが無い。だいたい昆虫の特徴である6本の肢は何処にしまってあるのだろう。

この昆虫にさらに親近感を持つようになったのは数年前カラスウリの花の撮影を始めてからである。ご存知のようにカラスウリは日が落ちて暗くなってから妖しいレースのような白い花を開く。暗闇でどんな虫がこの花の受粉を媒介するのだろう?花を撮影する私の耳元で大きな羽音がした。夜目にぼんやりながらスズメガであることを確認することが出来た。この蛾はきっと優秀な眼をもっているのに違いない。

こんなスズメガだがなかなかカメラに収めるチャンスがなかった。スズメガは一箇所に長くはとどまっていない。カメラを向けているうちに姿を消してしまうのだ。先週の良く晴れた日、森林公園で初めて辛うじてその姿を捉えることが出来た。とっさの事とて考える間もなくAF、AEで蛾を追うのが精一杯だったが、不幸にしてこの時持っていたカメラがD70でなくNikon Coolpix 5700だった。連続して切るシャッターに記録が追いつかずいらいらの連続だった。結局シャッターが切れた5枚の中でスズメガが写っていたのは3枚だけだった。後でデータを見るとシャッタースピードは500-600分の1秒だった。よくこれで止ってくれたなという気がする。お恥ずかしいショットだが一応写っているということでご参考までに公開することにした。

長い口吻をストローのように使って、先客のカメムシの頭越しに・・・
c0068924_23124260.jpg

さながら空中給油のジェット機のように巧みに蜜を吸いあげると・・・
c0068924_23131396.jpg

口吻を丸めて収め、さっと身をひるがえす・・・さよなら
c0068924_23134694.jpg

スズメガ科にはなんと全世界に1200種もあるという。ここに写っているのはいわゆるスズメガ亜科だと思うが、ホウジャク亜科の種類にはもっと美しいものがあるらしい。そんな蛾に出会ってみたい。
[PR]
by namiheiki | 2005-10-19 23:48 | デジカメ談義

旅立ち ー微細なものを撮るー

ロマンチックなタイトルをつけてしまったが、今回のテーマも「微細なものを撮る」に入るだろう。ダンドボロギクの綿毛である。ここまで細かくなると最早デジカメ一眼レフの領域と言ってよいだろう。D70にMicro Nikkor 60mmをつけての撮影になった。

ダンドボロギクは北アメリカからの帰化種である。アメリカでは山火事の後にこの植物が一面に生える。それでfire weedと呼ばれていると言う。日本名は奇妙な名だが愛知県の段度山で初めて発見されたのでこの名がついた。キク科だが舌状花はなく、僅かに黄色い管状花がチョボチョボと付いている。襤褸菊とは酷い名前だがおそらく綿毛が汚らしく纏わりついているところからの連想であろう。

でも今日この綿毛が襤褸なんかでない夢のように美しいものであることを発見した。そよ風に吹かれて種子をぶら下げた綿毛が飛び立つ様はまさにロマンチックな一瞬のドラマだった。自然って素晴らしい。どこにもドラマは満ちている!

c0068924_1823160.jpg

c0068924_18262828.jpg

c0068924_1821538.jpg

そして旅立つ・・・
c0068924_18205086.jpg

[PR]
by namiheiki | 2005-10-07 18:30 | デジカメ談義

実の季節

9月も末、なみへい本来の「遊山」にもどって志賀高原に遊んだ。シ-ズンの喧騒を離れて高原は静かな佇まいを取り戻していた。紅葉にはまだ早く、花はオヤマリンドウ、ヤマハハコ、アキノキリンソウが目立つ程度だったが、よく見れば草花や木々は思い思いの実をつけて迫る冬に備えていた。実と茎葉から植物を同定するのは難しい。でも実から花の姿を想像するのは楽しいことだった。間違いもあろうかと思う。ご指摘願えれば幸いである。

イワショウブ
湿原に可愛い赤い花が咲いていると思った。でも拡大してみると赤い実だった。花序の形からユリ科のイワショウブに辿りついた。花の実物は見たことがないが、図鑑で見ると花は想像に近い白い可憐な花だった。葉がショウブに似るのが名の由来らしい。
c0068924_9281296.jpg

c0068924_9495265.jpg

タケシマラン
りんごの紅玉のような瑞々しい濃赤の実が一個ずつ葉の付け根から真直ぐにぶら下がっている。上から見るだけでは葉の蔭に隠れて見落しがちになる。ランとは言うがこれもユリ科である。花自体はそんなに目立つ花ではない。
c0068924_9511025.jpg

シラタマノキ
これも白い花かと思った。しらたまは花弁ではなくガクだった。白い実はこの中に隠されている。地を這うような小さな木だった。
c0068924_106518.jpg

ゴゼンタチバナ
葉の形からぴんと来た。6枚の葉の中心に咲く1個の気品ある白い花は花弁でなくガクの変形だった。だから一つと思っていた花からいくつもの実がつく。ゴゼンタチバナは小さいけどミズキ科の木だった。
c0068924_10292724.jpg

c0068924_10295095.jpg

ツルリンドウ
特徴ある紫がかった赤色と楕円形の大きな実、葉の形。これはツルリンドウに違いない。花はこの7月に栗駒で見たばかりである。
c0068924_10302024.jpg

ヒロハツリバナ
普通のツリバナとは違って果実を包む殻が反転して四角く張り出している。赤い実がぶら下がるはずだが、もう落ちてしまったらしい。
c0068924_1049404.jpg

ナナカマド
秋の山の代名詞のようなこの木、紅葉には早かったがいたる所で赤い実をつけていた。不思議と標高の高いところほど赤が輝くように美しい。大沼湖畔に今まで見たこともない大木が立っていた。
c0068924_1123567.jpg

ガマズミ
秋の色と言ってよい鮮やかさだった。
c0068924_1440332.jpg

[PR]
by namiheiki | 2005-10-02 11:06 |