奥日光・冬の一日

標高千五百メートル、四季それぞれに美しい奥日光だが冬は静かで人が少ないのが何よりだ。昔は日帰りでクロスカントリースキーを楽しんだりしたものだが今はゆっくりと温泉と散策を楽しむ。朝だけは日の出前に起き出して雪に足を取られながら湯の湖の湖畔に出る。1月の末というのに今年は暖冬で気温も比較的高く雪も少なかった。でもそれなりに静かな雪景色を楽しむことが出来た。日は男体山から昇り白根山に沈む。湯の湖周辺の夜明けから日没までの一日を映像に記録した。


未明の湯の湖北岸、僅かに風が吹き湖面に漣が立った。時折水鳥の鳴き声だけがしじまを破る。暖冬の今年は凍らぬ湖面が広い。
c0068924_15215552.jpg

湖面の靄、湯の湧く北岸の一角は例年冬も凍ることはない。
c0068924_15243779.jpg

c0068924_15233277.jpg

モルゲンロート、真っ先に金精山が朝日を浴びて輝いた。左側は前白根山。
c0068924_15284140.jpg

氷の融けた湖面に映る茜雲
c0068924_15252731.jpg


湯の湖南岸、湯滝の降り口に架かる橋より北を見る。湖水はこの背後から湯滝となって戦場ヶ原に一気に流れ下る。水の流れのためにここも凍らない。
c0068924_15311729.jpg

湖面にひとつがいの色鮮やかなマガモが泳いでいた。
c0068924_15355334.jpg

c0068924_15361964.jpg

湖岸のカラマツ林、雪面に伸びた影が美しい。
c0068924_1539168.jpg

葦原の枯れ色と雪面の樹の影と美しいハーモニーを奏でていた。
c0068924_15431124.jpg

長く伸びた山腹のダケカンバの影
c0068924_15455238.jpg


白根山に落ちる夕陽を浴びる男体山と日が翳って暮色迫る湯の湖
c0068924_15472837.jpg

c0068924_15475081.jpg

山の端に小さな飛行機雲が・・
c0068924_15492176.jpg

振り向くと北東の空に満月に近い夕月が赤い雲に見え隠れしていた。
c0068924_15524165.jpg

c0068924_155339.jpg

Nikon D70, AF-S VR Nikkor 18-200mm
(一部は2月1,2,3日の「季節の窓」に載せました)

[PR]
by namiheiki | 2007-03-15 16:08 |
<< 吉野梅郷ハイク 水のミラクル >>